Googleマイビジネスが勝手に変更される!?その原因と対処方法

電子機器で検索する女性の手MEO

Googleマイビジネスが勝手に変更されるデメリットと対処法、削除要請についてまとめました。知らないあいだに、知らない誰かによって店舗の情報が書き換えられてしまったらどうすればいいのか。削除の方法も含めて紹介しています。

Googleマイビジネスで、自社情報が勝手に登録されていたり、編集されていたりすることがときどき報告されます。それが正しい情報ではなかった場合、正しい対処法を知らないと、ずっと間違った情報がGoogleでは表示されることになってしまうのです。
そこで今回は、Googleマイビジネスが勝手に編集されてしまう理由と放置するデメリット、対処法や削除法を説明します。

Googleマイビジネスとは?

そもそもGoogleマイビジネスとは何なのでしょうか。
Googleマイビジネスとは、GAFAの一角であるGoogle社が提供している無料のビジネス情報ツールです。主にオンラインマーケティング目的で利用され、集客やユーザーとの交流、新規顧客開拓につながります。いわゆる見込み客の獲得に大きな威力を発揮し、Googleの世界シェアの高さと相まって広告戦略としては非常に有効な手段となります。
新規作成や編集には、Googleマイビジネスにビジネス情報を登録すれば誰でも使用できます。公開できる情報は、店舗の住所や電話番号だけでなく、商品やサービスといったものも可能です。どれだけの情報を載せても広告料は無料で、ずっと使い続けることができます。

Googleマイビジネスが勝手に変更される理由

Googleマイビジネスが勝手に変更されている理由は、大きく分けて2つあります。どちらが原因かはわかりませんが、いずれにしてもこれからお話する2つの原因によって、店舗情報の一部内容が書き換わってしまうのです。

Googleがさまざまな情報から編集した

Googleマイビジネスが勝手に変更されるひとつめの原因は、Googleが勝手に情報を編集したからです。
「勝手に」というといい方は悪いですが、これにはきちんとしたGoogle側の理由があります。Googleはユーザーに対して常に最新の情報を提供しようとしています。そのため、管理者からの情報だけではなく、ユーザーが提供した写真や口コミを参考に、情報を書き換えるのです。決して不適切な内容があるから書き換えられたわけではないので、安心してください。

ローカルガイドで誰かが手を加えた

Googleマイビジネスが勝手に書き換わってしまうもう一つの原因が、第三者による編集です。しかし、ビジネスオーナーでない人物がどうやって情報を書き換えるのか、疑問に思う人も少なくないでしょう。
実はGoogleには「ローカルガイド」という機能が搭載されています。Googleマップから編集することができ、口コミや写真の投稿、質問の回答や場所の追加などを行うことができます。Googleマップは、いまやカーナビ代わりとしても使われるほどのニーズがあり、誰かが親切心で情報を作っていたとしても不思議ではありません。これらの情報から、Googleマイビジネスの情報も勝手に書き換わってしまうのです。

勝手に変更された情報で運用するデメリット

いろいろな形で情報が勝手に更新されるGoogleマイビジネス。言い換えればほったらかしでも店舗情報が更新される可能性もあるので、管理の手間が省けたように見えますが、それは大きな間違いです。Googleマイビジネスが勝手に変更されたままで運用するのは、いくつかのデメリットがあるのです。

情報が間違っている可能性がある

第三者が情報を書き換えられるということは、正確な情報でなくてもGoogleマイビジネスに掲載されてしまう可能性があります。
例えば、住所が若干違うだけでも、目的地にたどり着けなくなってしまいます。また、営業時間や定休日が間違っていれば、せっかく訪れてくれた顧客をみすみす逃してしまうことにもつながってしまうのです。勝手に編集した側に悪意がなくても、間違った情報はオーナーにとってはデメリットしかないのです。

誤解や嘘をそのままにしてしまうことも

悪意のない場合であれば誤解から、悪意がある場合には嘘の情報を勝手に掲載されてしまうこともあります。もちろん、オーナーにとってはこれ以上のデメリットはないでしょう。
中には競合他社による嫌がらせ目的によるGoogleマイビジネスの勝手な書き換えも存在します。悪意のある情報に関しては、Googleマイビジネスのガイドライン違反になるので削除要請を申し出て削除することが可能です。しかし、口コミなどが1度炎上してしまうと、悪評が絶えなくなってしまいます。こうなる前に早めの対処が必要です。

オーナーや店舗の信用問題にかかわる

間違った情報や誤解、嘘の情報が長期間放置されたままでは、Googleマイビジネスの評価は下がる一方です。同様に、古い情報などもGoogleマイビジネスの評価に影響します。
GoogleマイビジネスをはじめとするGoogleのコンテンツは、私たちが思う以上に広く利用されています。「たかが口コミ」「ちょっとした間違い」と、オーナー側が編集を怠っていると、当然「管理ができていない」とユーザーに評価されてしまい、評判は落ちてしまうのです。そうならないためにも、Googleマイビジネスのこまめなチェックと編集は大切なのです。

勝手に変更された時の対応方法

Googleマイビジネスを勝手に変更された場合の対応方法は、「管理画面から元の情報に戻す」、もしくは「管理画面から正しい情報に修正する」ことです。
Googleや第三者によって勝手に変更された情報は、Googleマイビジネスの管理画面に「Googleによる変更」通知が来るので、どこがどう変わったのかがすぐわかるようになっています。この内容を「承認」してしまうと、情報が更新され公開されてしまうのです。情報が間違っていたり、嘘の内容が書かれていたりすれば、「破棄」を選択して、通知を却下しましょう。そのうえで、自身の手で正しい情報へ再度編集をすれば問題ありません。
ただし、管理画面に入れるのは、その店舗にオーナーとして登録している人だけです。登録は、Googleマイビジネスのスポット情報下部にある「ビジネスオーナーですか?」のリンクからできます。不利益を被る前に、登録しておくことをおすすめします。

もし削除したい場合はどうすればよい?

Googleマイビジネスは集客には役立つものの、管理・運用が面倒で使いたくないというオーナーもいます。その意に反して、Googleマイビジネスに勝手に情報が書き込まれ、変更されて迷惑を被るぐらいなら、削除してほしいと思う人もいるでしょう。実は2つの方法で、勝手に作られたGoogleマイビジネスを削除することができます。

Googleに削除を申請する

ひとつ目の削除方法は、Googleに削除申請をすることです。やり方は簡単で、Googleマイビジネスで自身の店舗を選択し、「この場所を削除」を押すだけです。これだけでGoogleには「削除要請」として連絡がいくシステムになっています。
ただし、この方法を使う前提は、該当する店舗が閉店している、存在しない、重複している場合です。看板を掲げて、オープンになっている以上は地図上に情報を載せても問題ないというのがGoogleのスタンスなので、その点には注意が必要です。

オーナー権限で削除する

もうひとつの削除方法は、オーナー権限で削除することです。これは、Googleマイビジネスのオーナー権限を取得するというステップを踏まなければなりません。ただし、オーナー権限を持っていれば、「削除」のボタンひとつで店舗の情報を削除することができるのです。削除のためだけにオーナー権限を取得するのは、妙な話ではありますが、これが一番手っ取り早い方法でもあります。
しかし、削除要請をしたからと言ってすべての情報が消えるわけではありません。Google側は、店舗の情報や住所の情報を残しての削除を前提としているからです。あくまでも、店舗が存在している限りは地図に載っていても問題ないという見解は、Google側に直接申請する場合と何ら変わりないことを覚えておきましょう。

まとめ

Googleマイビジネスを勝手に変更された場合のデメリットと対処法、削除要請のやり方をお話してきました。
誰かが善意で編集できるのは、オーナー側にとってもうれしいことですが、すべての人がいい情報を記入してくれるわけではありません。また、編集した人に悪意がなくても、間違っていたり、古かったりする情報を掲載され評判が落ちてしまえば、集客どころの問題ではありません。管理する気があるのであればオーナー権限の取得を、運用する気がなければ削除要請をするなどして、不利益を被らないように常に目を光らせておくことをおすすめします。

 

コンタクトフォーム_MEO

    ご相談内容

    ご希望のご相談方法 ※関東首都圏以外の場合は、オンラインとさせて頂きます。

    jsfade

    K.K.kurokawa&co.ロゴ

    MEO
    株式会社kurokawa&co.をフォローする
    //
    K.K.kurokawa&co. テジタルマーケティング/DXコンサルティング