ABテストとは?ABテストのメリットと効果的なやり方を解説

ABtestAD

ABテストとは、Webマーケティングにおいて欠かせない存在となっています。効果的なABテストを行うためには、正しいやり方を知っていなくてはいけません。この記事では、ABテストのやり方やメリットについて解説をしています。

ABテストという言葉を聞いたことはありますか。Webマーケティングを行っているのであれば、ABテストの正しいやり方や実際にどのような効果があるのかについて理解をしておかなくてはいけません。

この記事では、ABテストのやり方やメリットについて詳しく解説をしていきます。この記事を参考にして、より効果的なABテストの方法について理解を深めてみてください。

ABテストとは?ABテストを実施する理由

ABテストという言葉を聞いたことがない方も多いでしょう。ここでは、ABテストとはどのようなものかについてと、ABテストを実施する理由について紹介をしていきます。

ABテストはWebマーケティングで利用される

ABテストとは、WebマーケティングにおけるCRO手法の一つです。コンバージョンを最適化するために必要なのがABテストなのですが、意味がよくわからない方も多いでしょう。

現在表示されている情報と別の情報の2パターンを用意して、どちらが高いコンバージョン率を得られるかをテストするのがABテストです。つまり、より効率がいいパターンを探しているということになります。

ABテストの実施例

ABテストはいろんなシチュエーションで実施されています。Webページや広告バナー、広告文などで利用されており、より精度を高めるために重要な役割を果たしています。

ABテストは非常に多くの情報を手に入れることが可能です。テストの結果を元にして、課題を発見したり、施作の設計を行ったり、検証をしたりといったいろんな面で役立つので非常に重宝されています。Webマーケティングにおいて欠かせないといえるでしょう。

ABテストの種類

ABテストには主に3つの種類があります。ここでは、ABテストの種類について詳しく解説をしていきます。なおABテストの対象となるページは主に以下となります
・トップページ
・商品ページ
・LPページ
・フォーム
・メールマガジン
・広告バナー

同一URLのABテスト

これはURLを変更せずに見た目だけを変える手法です。一般的なABテストとはこの手法のことを指します。ソースコードを大きく書き換えなくても見た目を変更することが可能なので、1番利用しやすいです。
例えば画像を変える、ボタンの色を変える、画像の大きさを変更するなどです。

別ページへリダイレクトさせるABテスト

これはテスト対象ページに来訪したユーザーを別のURLに飛ばす方法です。例えばデザインを大きく変えたLPページをそれぞれ異なるURLを用意して、それぞれにリダイレクトしてテストします。ページの要素ではなくURLのパターンを特定するためスプリットURLテストとも呼ばれています。
リダイレクトテストは、お申し込みフローなど、途中からユーザーが入ってこないページ遷移のテストに使われます。

高度ABテストが可能な可変量テスト

これは1つ目のABテストと非常に似ている方法です。違う点は、様々なページを跨いで同時にテストが行える点にあります。同時に行うテスト内容の中で、最適な組み合わせを見つけることが可能です。

ABテストのメリット・デメリット

ここでは、ABテストを行ううえでのメリットとデメリットについて紹介していきます。

ABテストのメリット

ABテストのメリットとしては、以下のポイントがあげられます。

・リニューアルする予算がなくても実施できる
サイトをリニューアルするとなると、ある程度の予算が必要になります。しかし、ABテストを実施するだけであれば、大規模な予算は必要ありません。サイト全体の効果を上げつつ、低予算で実施が可能なのです。

・ABテストツールも充実しているため工数が少ない
ABテストは、大きな工数をかけずに手軽に実施することが可能です。Abテストを実施するためのツールも充実しているため、それらを使えば検証も容易です。

ABテストのデメリット

ABテストのデメリットとしては、以下のポイントがあげられます。

・テストの結果が変わりやすい
ABテストは変更点によってテストの結果が変わりやすいです。そのため、変更する段階である程度の仮説を持っておかなくてはいけません。

・データの分母が必要
ABテストは比較検証なので、データの分母がある程度ないと確かなデータを揃えることができません。まず、データを集めるのが難しいという点もデメリットでしょう。

ABテストを行うための注意点

ABテストを行う際には、注意するべきポイントがあります。そのポイントについてここでは解説をしていきます。

・ABテストを始めるべきタイミングを考える
ABテストは効果的なタイミングで始めましょう。ページの改善に課題を感じている場合や、ランディングページからの離脱率が高い場合、ファーストビューに複数の要素を持っている場合などにABテストは始めるべきです。

・目的をはっきりさせ、仮説を持つ
ABテストの目的をはっきりさせましょう。コンバーション率の向上だけではなく、それを実現するために必要な小さな目標を考えることが大切です。
またABテストの結果の仮説を持ちましょう。いろんな箇所を無闇に変更するのではなく、どうすればよくなるのか、どのような結果になるのかを具体的にイメージしましょう。

・1箇所ずつ行う
ABテストは1箇所ずつ行いましょう。そうしないと、どこを改善した結果、成果が出たのかがわからなくなってしまいます。

ABテストの実施方法

ここでは実際にABテストを行う際に必要なやり方について解説をしていきます。

・ABテストの計画と準備をする
ABテストのやり方において1番大切なのは計画と準備です。どの箇所に問題があるのかを突き止め、それを改善するための仮説を立てましょう。

・ABテストを実行する
仮説を立てたらABテストを実行します。比較するパターンは同じ条件で検証をしてください。

・ABテストの効果を検証する
ABテストは実施期間や目標CV数などの基準を設けて、繰り返し行っていくのが一般的です。
結果が出たら、効果を検証して思っているような結果になっているのかを確認しましょう。

・改善を加える
テストの結果を元にして、目標に近づくために必要な改善を加えていきましょう。

ABテストを実施する上で役立つツール

最後にABテストを行ううえで役立つツールについて紹介をしていきます。

Googleオプティマイズ

Googleオプティマイズ

https://optimize.google.com/optimize/home/#/accounts

GoogleオプティマイズにおけるABテストのやり方としては、HTML作成をGoogle上で行って実施するという特徴があります。無料版を使ったとしても、Googleアナリティクスと連携できるのでおすすめです。

Optimizely

Optimizely

https://www.optimizely.com/

Optimizelyを使ったABテストのやり方としては、Web上の管理画面からテストの作成が可能という特徴があります。解析機能も充実しており、ABテストにおいて世界でNo.1のシェア数を誇ります。

KAIZEN PLATFORM

KAIZEN_PLATFORM

https://kaizenplatform.com/

Kaizen Platformを使ったABテストのやり方としては、メーカーにテスト作成を依頼できるという特徴があります。自分ではABテストの効果的なやり方がわからないという方におすすめの方法です。
また、ABテストの重要性を理解していたとしても、自社でプランを立てることができないという場合にもおすすめできるツールです。

まとめ

この記事では、ABテストのメリットや効果的なやり方などについて解説をしてきました。ページの効率を最大に引き上げるために、ABテストは欠かせない存在です。

コンタクトフォーム_AD

    ご相談内容

    ご希望のご相談方法 ※関東首都圏以外の場合は、オンラインとさせて頂きます。

    jsfade

    K.K.kurokawa&co.ロゴ

    AD
    株式会社kurokawa&co.をフォローする
    //
    K.K.kurokawa&co. テジタルマーケティング/DXコンサルティング