MEO対策が必要な理由とおすすめの無料・有料ツールを紹介します

lap top meoMEO

MEO対策とは、キーワードの検索順位や表示順位などを調べて、その情報をWebページに反映させることです。Webマーケティングには、欠かせない要素となっています。また、MEO対策に必要なツールの種類は数多く、いろいろな特徴があります。

MEO対策についてご存知ですか。自分が運営している店舗の情報をよりGoogle上で上位に表示させたいと考えている方は多いでしょう。そのためには、Webサイトの作り方を工夫しなくてはいけません。

どのように工夫するべきなのかを知るために、MEO対策は必要なのです。この記事では、MEO対策が必要な理由やおすすめの無料・有料ツールについて紹介します。

MEO対策とは

MEOとは、マップエンジン最適化(Map Engine Optimization)の略で、MEO対策は、Google検索結果に表示されるマップで、マイビジネスの情報を上位化させるものです。
SEO対策との違いは、SEO対策が、対象のサイトを上位化させるのに対し、MEO対策ではGoogleマイビジネスの情報を上位化させるもので、特に小売り系など店舗系のビジネスを展開している業種では必須の対策となります。
MEOで上位化するとクリック率は4%~9%と言われており、4%程度と言われているリスティング広告より効果があると言われております。

MEO_screenshot

MEO対策が必要な理由と重要なポイントとは

MEO対策はWebマーケティングにおいて非常に重要なのですが、なぜ重要かわからない方も多いでしょう。

ここでは、MEO対策が必要な理由と重要なポイントについて紹介いたします。

MEO対策が必要な理由

MEO対策が必要な理由は、いくつかあります。
MEO使用されるGoogleマップはSEOより上位に表示されることが多いです。また、先ほども述べたようにリスティング広告と比較しても高いクリック率が得られますので、これだけでもマップで上位表示されるようにMEO対策するメリットがあります。
また、MEO対策の画面では、電話や経路案内などユーザーがアクションおこしやすいように設計されているため、WEBサイトへの導線やお問い合わせにも繋がりやすくなります。

MEO

MEO対策の重要なポイント

MEO対策を行うためには、Googleマイビジネスの登録が必須となります。そのためには、Googleのガイドラインを守らなくてはいけません。また、店舗の名前や住所、電話番号などの情報を揃えておくのも必要です。

そして、口コミを放置しないようにしましょう。ユーザーが検索をした際に、悪評が目に付くと利用してもらえなくなります。返信を行うなどして対応し、悪質なものに関しては削除依頼をしましょう。

MEO対策ツールのメリットとデメリット

MEO対策にはツールがあります。このツールを利用することで、効果的にMEO対策を行うことが可能です。ここでは、MEO対策ツールのメリット・デメリットについて紹介します。

MEO対策ツールのメリット

MEO対策ツールのメリットは、キーワードを計測できることにあります。キーワードを計測することで、ユーザーが特定のキーワードで検索した際に検索上位に表示されるように工夫が可能です。

また、検索時間や地域を調べることも可能です。これによって、どんなユーザーにニーズがあるのかを知ることが可能です。ユーザーのニーズを把握すれば、より効果的なサービスを提供できるようになるため、Webマーケティングにおいて欠かせません。

最後に他社との比較が可能になります。他社と比べてどのように優れているのか、どの点が魅力なのか、何が足りないのかは常にリサーチする必要があります。有益な情報を多く手に入れられるのは大きなメリットでしょう。

MEO対策ツールのデメリット

MEO対策ツールは利用プランに応じて運用コストがかかる場合があります。無料のMEO対策ツールも存在するのですが、できることが限られているケースも多いです。そのため、MEO対策ツールを運用するには、ある程度のコストがかかると認識しておきましょう。

MEO対策ができる無料ツールの紹介

MEO対策ができる無料ツールについて紹介します。これらは非常に手軽な利用が可能なので、一度使ってみることをおすすめします。

I Search From

I_Search_From_Screenshot

http://isearchfrom.com/

I Search From無料のツールで、キーワードを入力することで、Googleの検索エンジン上で何番目に出てくるかを調べることが可能です。地域や言語を選べるため正確性が高く、SEO対策としても利用できるというメリットがあります。

しかし、順位チェックは手動であるため、時間はかかります。多くのキーワードを検索しようとすると、かなりの時間が必要になるため、あまり現実的ではありません。
またチェックできるのが順位チェックだけで口コミの管理などは出来ないので、はじめに利用するMEO対策ツールとしてはおすすめであるといえるでしょう。

Google広告

GoogleAd

https://ads.google.com/intl/ja_jp/getstarted/

次にGoogle広告です。これはGoogleが提供しているサービスです。そのため、情報が非常に正確という特徴があります。そして、Googleアナリティクスと連携が可能であるため、他の様々なメリットをまとめて享受できるという利点があります。

また、Googleであるため非常に管理しやすいです。このように、非常に多くのメリットがあるのが、Google広告です。

しかし、広告を出さないと使えない機能があります。また、順位をチェックすることもできません。そのため、他のMEO対策ツールと併用するのが望ましいでしょう。

MEO対策ができる有料ツールの紹介

最後にMEO対策ができる有料ツールについて紹介します。

MEOチェキ

MEOチェキ

https://meo.tryhatch.co.jp/meocheki/

MEOチェキは強豪を含めた順位計測や予約投稿機能が可能です。幅広くMEO対策が行えるツールとなっています。

MEO順位チェックツール- Gyro-n

gyro-n

https://www.gyro-n.com/meo/

MEO順位チェックツール- Gyro-nは、多言語検索に対応しているツールで、口コミ数やレビューの推移を可視化できます。多言語検索に対応している唯一のツールとなっています。

また、MEO順位チェックツール- Gyro-nは、競合店舗との順位比較を行うことも可能です。そのため、次店舗の強みを把握するためにおすすめのツールであるといえます。

MEO tracker

meo-tracker

https://meo-tracker.jp/

MEO trackerは、クラウド型管理、CSV出力が可能なツールです。順位チェックとしての役割が非常に強いツールとなっています。また、他のツールにはない特徴として、社内や顧客とデータ共有ができる点があります。

On map eye

on-map-eye

https://location-connect.com/service/onmapeye/

On map eyeは、検索順位を常時測定可能なツールで、同時にMEO対策の効果分析や運用のためのノウハウレポートを用意しています。1アカウントあたり月額500円で利用が可能なため、有料ツールの中でも非常にリーズナブルであると言えます。

BIGLOBE店舗マップ管理

biglobe

https://biz.biglobe.ne.jp/map/index.html

BIGLOBE店舗マップ管理は、店舗情報の一括管理が可能です。SNSの店舗情報を一括管理して、自動で更新できるのはBIGLOBE店舗マップ管理ならではの魅力といえるでしょう。

Promost MEO順位チェックツール

promost

https://www.promost.co.jp/meo-checktool/

Promost MEO順位チェックツールは、グラフで特定のキーワードがどれくらいの順位なのかを判断できるツールです。グラフで視覚的にチェックが可能なので、非常にわかりやすいという利点があります。

また、自動でチェックが可能であるため、時間的コストもあまりかかりません。キーワードを一度入力すれば、常にデータとして管理できるので手間が少ないです。また、世界中どの地域でも測定ができるのも大きな魅力でしょう。

非常に優秀なPromost MEO順位チェックツールですが、キーワード数に限りがあるという欠点もあります。有料のプランにすれば、キーワード数の上限も増えるので大きな問題ではないのですが、今度はコストがかかるというデメリットが生まれます。

MEO対策ツールの中でも非常に利用しやすく利便性が高いのですが、性能を最大限に発揮するためには、有料プランを利用しなくてはいけないと認識しておきましょう。

まとめ

MEO対策ツールには数多くの種類があります。それぞれ利便性や特徴が異なるので、複数のツールを併用するなどして、効果的にMEO対策を行いましょう。

コンタクトフォーム_MEO

    ご相談内容

    ご希望のご相談方法 ※関東首都圏以外の場合は、オンラインとさせて頂きます。

    MEO
    株式会社kurokawa&co.をフォローする
    //
    テジタルマーケティング/DXコンサルティング | K.K.kurokawa&co.