Twitterマーケティングのメリットと運用方法

Twitter_marketingSNS

Twitterは、商品·サービスをPRするための有効なメディアとして、企業の間で広く活用されはじめています。

ただ、運用をはじめる際のハードルが低い反面「フォロワーが増えない」「売り上げにつながらない」など、期待した効果が得られず、時間を浪費してしまう可能性もあります。

自社のブランドイメージにそったTwitterの運営ができるように、またマーケティングツールの一つとしておさえておきたいポイントを確認しておきましょう。

Twitterの特徴

SNS全般の分析が必要な理由は、以下の記事で解説をしました。

SNSの分析が必要な理由と分析方法

それでは、Twitterにはどのような特徴があるのでしょうか。

Twitterの特徴としては個人や企業を問わず、無料でアカウントを作成できる手軽さがあります。

SNSはそれぞれ異なる利用方法がありますが、Twitterの特徴を理解して、どのような利用シーンが考えられるか確認しておきしょう。

20代のユーザーが多い

ユーザー数の伸び率は徐々に落ち着いてはいますが、国内のアクティブアカウント数は4500万人を突破し、若年層に支持の厚いSNSサービスです。

匿名で複数のアカウントが作成できて、プライベートな内容を気軽に投稿しやすく、企業の投稿に率直に意見や感想が集まりやすい傾向があります。

SNSの中でも平日と休日の平均利用時間は。年々増加傾向にあります。

SNSのサービス別に見ると、LINEが全体の8割と、もっとも利用されている割合が多いですが、全世代の中では10代や20代のTwitterの利用割合が7割と最も多くなっています。

他の年代の利用割合の1.5倍から2倍多いことが分かっています。

令和29月 総務省|令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書(ソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率) p.76参照

https://www.soumu.go.jp/main_content/000708016.pdf

リアルタイム性がある

スマートフォンから、気軽に検索したり、情報に触れたりするユーザーが増加しています。

投稿した内容に対する反応が短時間で、リアルタイムにわかる特徴があります。

140文字以内の文章を気軽に投稿できて、企業、有名人問わず、不特定多数の人のツイートにコメントできるので、オープンになっていることも参加するユーザーが増えている理由のひとつです。

気になる投稿に、いつでも「いいね」や「リツイート」して、自分が興味や共感をもつ投稿を共有できます。共感してくれるユーザーと、気軽にコンタクトが取れるので多くの人と、すぐにつながることができます。

一度にたくさんの人に情報を発信して、リアルタイムに関係する人にリーチできます。

情報の拡散性が高い

Twitterは、SNSの中でも、情報拡散力の高い特長があります。

お互いの興味関心があえば、リアルタイムにコミュニケーションができます。

投稿のメッセージの中に、ハッシュタグをつけることで、フォロワーではないユーザーにも投稿をみつけやすくなり、投稿に対する反応ももらいやすくなります。

トレンドになるようなキーワードや、有益な情報を発信することで、注目が集まりやすくなります。他のフォロワーから共感される内容であれば、拡散されて多くのユーザーから「いいね」や「リツイート」してもらえます。

ファンを作りやすい

芸能人ではない一般のユーザーでも、フォロワーが1万人をこえるような影響力のあるインフルエンサーがSNS上で活躍しています。

Twitterの拡散効果を利用することで、フォロワーを増やしてPRする効果がえられます。

ただ、フォロワーが増えても、ファンになってもらえるユーザーが急に増えたり、商品やサービスを購入したりするような効果は、すぐにはあらわれません。

いきなり数千人や数万人と増えることはなく、投稿の内容に好感をもって接してくれるユーザーとの信頼関係をつくることで、少しずつふえていきます。

こまめに投稿に対するコメントの返信や、ユーザーの興味関心のある情報を提供することで「いいね」や「リツイート」などのリアクションが増えていきます。

共感してくれるユーザーとのかかわりを積み重ねることで、コアなファンが増えていきます。

人気のお店に行列がならぶ効果と同じように、人が人をあつめる効果があります。

インフルエンサーとタイアップできる

フォロワーが少ない場合は、商品やサービスの相性の良いインフルエンサーをキャスティングして、拡散効果をねらう方法もあります。

ただ、インフルエンサーのプロフィールが商品やサービスの属性と合わない場合もあります。

フォロワー数の多いインフルエンサーだったとしても、属性に合わないフォロワーに発信されるため、「いいね」や「リツイート」などの期待したリアクションが得られない可能性があります。

逆に、属性が合っていれば、フォロワー数が少ない場合でも、効果的にターゲットにアプローチできます。

商品やサービスのPRをインフルエンサーに依頼する場合、インフルエンサーのアカウントのプロフィール欄の属性、投稿内容、フォロワーの属性を事前に調べる必要があります。

 

Twitterマーケティングは何をすればよい?

企業の公式アカウントを運営する際、商品やサービスをPRするためにTwitter運用するうえで、取り入れておきたい内容をご紹介します。

アカウントキャラクターイメージを決める

Twitterを運用する場合、担当者が情報発信しているというイメージを極力なくしたほうが、好感を得られる場合があります。

企業の広報担当が発信すると、どうしても広告イメージや、企業側が発信したいメッセージととらえられる可能性があります。

たとえば、携帯電話会社や、賃貸住宅サービス会社などのSNSアカウントでは、子供や女性が親しみを持てるようなマスコットキャラクターが用意されています。

プロフィールの画像イメージから、投稿する文章まで。キャラクターのブランドイメージを統一した緻密なブランド戦略が設定されています。

キャラクターの個性が伝わるように。かわいらしい独特のニュアンスのある文章は、ユーザーの好感を得られるようです。

有益な情報を発信することは大前提ですが、愛着や好感をもってもらうためのエンゲージメントを高める施策は、マーケティングを考えるうえで、重要なポイントになります。

投稿の年間計画を立てる

企業アカウントで投稿すると、どうしても年末年始の挨拶や、キャンペーン告知などの定型文になりがちです。

ユーザー目線で、共感を得られるようなアカウント運営をすすめるためには。半年から年間の投稿プランを作成して、クオリティを一定に保つ対策もひとつの方法です。

·イベント開催(社外イベント実況·開催報告など)

·お客様アンケート(コアなユーザーに対してエンゲージメント向上の施策)

·業界アンケート(トレンド、ニーズの調査)

·記念日(会社創立、新商品·サービスリリース、SNS開設記念など)

·業界の時事情報(お役立ち情報、トピックスなど)

など、自社の商品·サービスや、アプローチしたい業界のイベントや関連のニュースを調べておくことで、年間で投稿すべき内容や、タイミングを事前に考えておくことができます。

ターゲットとするユーザーのニーズをとらえることは、マーケティングを考える上で、大切な要素です。

Twitter社の公式アカウントで年間の各シーズンのイベントカレンダーが公開されているので、チェックしてみましょう。

Twitter公式サイト(Twitterモーメントカレンダー)

https://business.twitter.com/ja/blog/2020_momentcalendar.html

SNS流入の施策を検討する

フォロワーや、エンゲージメント向上とあわせて、自社のホームページへ流入させる施策を考えておくと、SNSからの流入効果が期待できます。

新規のフォロワーやユーザーとの信頼関係を高めながら、自社のホームページにアクセスしてもらうことで、SEO対策にもつながります。

また、Twitter上でユーザーとコミュニケーションをとりながら、「いいね」や「コメント」をもらうことで、エンゲージメントを高める効果もあり、結果的に自社の商品·サービスに興味や好感をもってもらえる可能性もあります。

Twitterを効果的に活用することで、集客の幅も広かります。

新しい行動様式のひとつとして、SNSからの情報収集の頻度が増えています。

影響力のあるインフルエンサーなどの口コミ情報をきっかけに、商品の購入やサービスの利用につながるケースも出てきました。

SNSを新しいマーケティング手法として取り入れることで、ターゲットとするユーザーとの接点を増やす効果が期待できます。

ターゲットとのリサーチを強化する

発信したコンテンツにリアクションしてもらうためには、ユーザーが参加したくなるようなコミュニケーションを心がける必要があります。

ただ、企業が発信する情報は、売り込みと思われ、共感を得ることがむずかしい場合があります。

SNS上にある、たくさんの情報から興味·関心をもってもらうためには、情報を知ってもらうだけではなく、ユーザーが体験したくなるようなシカケを作ることは、マーケティングの視点から考えて、おさえておきたいポイントになります。

商品を購入したり、サービスを使ったりする場合には、口コミや評判を確認することがあります。

たとえば、モニターになってもらえる人を募集して、実際に体験した感想をTwitterで投稿してもらうような口コミ効果を作る方法もあります。

ユーザーが口コミした投稿を企業が「いいね」や「リツイート」して、さらに商品の補足説明や、あまり知られていないお役立ち情報などをコメントして、あまり宣伝色を感じさせずに、商品やサービスの良さをアピールできます。

ターゲットとするユーザーに広告を出す

ユーザーの認知度を高めるために、Twitterのタイムラインや検索結果にPRしたい広告を出すことができます。ユーザーのTwitter表示画面の中で、目的にあわせて3つの広告メニューから選択します。

ターゲットとするユーザーの属性を特定して、認知度の向上をねらえるタイミングになってきた段階で、有料広告を出す戦略を検討します。

(参考)Twitter広告ホワイトペーパー(Twitter公式サイト)

https://business.twitter.com/ja/resources/whitepapers.html

プロモアカウントとプロモツイートの広告メニューを活用することで、特定のターゲットにリーチさせる効果があります。

ユーザーの属性(地域·性別·デバイス·言語)と目的とかけあわせて、自社のフォロワーに近いユーザーを指定したり、興味関心を持ちそうな特定のワードに反応するユーザーのみにターゲットをしぼったりした広告の配信もできます。

Twitterマーケティングのメリット・デメリット

企業、個人問わず、すぐにはじめられるツールではありますが、注意しておかなければならいポイントもあります。メリットとデメリットの両方を事前に確認しておきましょう。

Twitterマーケティングのメリット

無料で始められて、全世界のユーザーに情報を発信して、タイムリーに反応を得られる効果があります。スマートフォンでアクセスするユーザーが8割以上をしめるため、情報を即時に伝えることができます。

·コミュニケーションがとれる

緊急性のあるトラブル報告の緊急性のある発信に活用できます。ユーザーからの問い合わせに対してスピーディーな対応することで、信頼関係を構築することにもつながります。

また、アンケート機能があるので、既存ユーザーからアンケートをつのって、製品開発やイベント企画に役立てるアイテムとして活用できます。

·拡散効果がある

Twitter上で広告を打つことも可能で、芸能人やスポーツ選手、フォロワー数の多いインフルエンサーを広告塔に起用することで、拡散効果が期待できます。

·トレント入りがねらえる

投稿が拡散されれば、フォロワーではないユーザーに認知され、さらに拡散が連鎖されることがあります。Twitter上で、人気のある投稿と認識されて、トレンド入りする効果が期待できます。

Twitterマーケティングのデメリット

Twitterは、拡散力などの、よい効果をもたらしてくれる面もありますが、計画的にすすめる必要もあります。デメリットも理解したうえで、効果的なアカウント運営ができるように備えましょう。

·効果が出るまで時間がかかる

認知されるまでは、フォロワー数が徐々に増え、投稿内容に反響が出るまでに、一定の時間がかかります。

即効性のある効果を期待したいところですが、短期間で効果がでにくいため、長期的なアカウント運営がもとめられます。

·炎上するリスクがある

拡散効果がある反面、批判をあつめるような投稿をしてしまうと、ひぼう中傷のコメントや返信があつまって、アカウントが炎上してしまう危険性もあります。

口コミ効果を有効に活用して、一気に拡散させる「バズマーケティング」などをねらう場合、一回の投稿が、おもわぬアクシデントにつながることもあるので、投稿するタイミングや運用プランを考えて、計画的にすすめる必要があります。

·ユーザーの情報リテラシーに左右される

投稿者の意図に反した好ましくない内容で拡散されてしまう可能性があります。

質の高い投稿を心がけることが必要です。共感するフォロワーを徐々に増やして。長期的な視点で運営プランを考える必要があります。

フォロワーの数にこだわらず、長期的にファンになってもらえるようなフォロワーを増やす視点が大切です。

投稿した内容に「いいね」や「リツイート」など、反応してもらえるような、エンゲージメントの高いファンを獲得する戦略が大切です。

Twitterマーケティングの運用の考え方

企業の公式アカウントを開設する際に、コンセプトや運用プランを考えます。Twitterを導入してから運用するまでに考えておきたいポイントを確認しておきましょう。

最終的な目標を決める

成果を出すためには、最終的な目標設定と、目標を達成できているか確認するための指標を決めることが大切です。

たとえば、企業であれば年間の売り上げを50%アップしたい、集客を昨年の2倍増やしたいという最終目標(KGI:重要目標達成指標)を決めます。目標を達成するために、取り組み内容や方向性が間違っていないか中間指標(KPI:重要業績評価指標)を設定してチェックします。

以下のような指標を参考に指標を決めます。

·投稿数

·インプレッション数(表示回数)

·「いいね」や「リツイート」数

·コメント数

·プロフィールへのクリック数

·エンゲージメント率

·ターゲットとする検索キーワードの順位

·ページの表示回数

·ユニークユーザー率など

計算例:エンゲージメント数(リツイート、いいね、クリック数)÷投稿インプレッション数)

このような指標を参考にして、プロジェクトのメンバーが行動しやすいように中間目標を決めます。関係するメンバーが、運営プランを検討するための指標としても活用できます。

ターゲットを決める

自社の製品やサービスを認知してもらい、ファンになってもらうようにターゲットを絞ることがポイントになります。

不特定多数のユーザーではなく、一人のターゲットに刺さるようなコンテンツの内容を考えます。

たとえば、年代、性別、職業、家族構成、趣味·趣向、生活スタイルなど、どのようなことに興味や関心があるのか、ターゲットのイメージを事前に想定する必要があります。

Twitterアカウントを通して価値ある情報をどのように届けるかを意識してコンテンツを作成し、投稿プランを考えます。

マーケティング用語でペルソナといいますが、ターゲットとなるユーザーを、鮮明にイメージすることで、発信すべき情報が明確になります。

長期的な目線をもって、一貫性のある投稿プランを検討します。

ブランディングを意識する

ターゲットとするユーザーに認識してもらうためには、アカウント自体に、どのような個性を持たせるか、ブランドイメージを考えることもポイントになります。

特にプロフィール欄は、アカウントの顔になる部分なので、誰に、どのような情報を届けているかを認知してもらうための構成を意識することが大切です。

トレンドなるキーワードを含めたり、ハッシュタグで認知しやすい書き方を工夫したりするなど、ユーザーに興味関心をもってもらえるような短文表現の方がイメージに残りやすくなります。

継続して情報を得たいと思われれば、フォロワーとなってもらえる可能性も高くなります。

有益な情報として認知してもらえることで「いいね」や「リツイート」なども得やすくなるので、

拡散効果も期待できます。

TwitterSNSの中でも拡散効果が高い特性があるので、ブランドイメージを際立たせることを意識することが重要です。

明確なルールを決める

企業アカウントを一人で担当する場合でも、日々の投稿ルールを決めることはクオリティを保つためには、ユーザーが何をもとめているか、よく知ることが大切です。

ターゲットに設定しているユーザーが、いつ読んでいて、どのような情報を好んでいるか、傾向をつかむための対策を考えます。

読まれるための文章の構成、例えば文字中心ではない写真·イラスト·動画とセットにした投稿に変えたりするなど検討し、ターゲットの趣味·趣向に合わせたコンテンツの内容に変えることなども考慮します。

認知度を向上させる対策の一つとして、投稿パターンによってハッシュタグの文言をテンプレートにしておく対策もあります。

投稿の都度、変えるのではなく、統一させることでユーザーが認知しやすくなり、検索性の向上にもつながります。

運用ルールを決めておくことで、目標達成のための対策が立てやすくなります

PDCAを回す

ユーザーの傾向をつかむためには、投稿した内容の反応を分析する必要があります。

計画した投稿内容の反応をみながらデータを収集して、全体の運用計画や投稿プランが正しいか改善をくりかえします。

分析ツールのひとつに、Twitter標準で搭載されている無料のアナリティクス機能があります。インプレッション(ユーザーがツイートを閲覧)·エンゲージメント(ツイートへの「いいね」や「リツイート」等の反応)など、投稿した内容が何回表示されているのか、興味を持たれているのか、客観的に分析するための便利な機能が搭載されています。

Twitterでのマーケティングをすすめるためには、どのような投稿にフォロワーが反応をしているのか、反応がない場合の原因は何か、日々のデータの収集が大切です。

アナリティクス機能を活用しながら、定期的に検証することで、改善するポイントが明確になります。

Twitterマーケティングの運用方法

アカウントの運営で、つい忘れがちなこととして、社内運用ルールを統一していないことがあります。長期的にアカウントを運営していくうえで大切なポイントなので、チェックしておきましょう。

運用ポリシーを作成する

Twitterの運用を開始する前に、安定的に運用を続けるために、運用ポリシーを作成します。

ソーシャルメディア運用ポリシーとして、自社のホームページ上で情報発信する目的やコンテンツの指針を明確に示して公開します。

運用ポリシーを決めておくことで、SNS運用の目的を社内で共有できます。

投稿内容や、リアクションした結果に対して、万が一トラブルが発生した場合の行動指針を公開することで、企業として対応する姿勢を示す効果もあります。

ターゲットに伝わるプロフィールを作成する

プロフィール欄は、アカウントの内容を詳しく説明できる大切な場所です。

アカウントのブランドイメージをアピールできる場所になるので、入力する項目の役割とポイントを確認しておきましょう。

社内の運用ルールを作成する

運用メンバーとの情報共有もしくは、コンテンツのクオリティを一定に保つために、運用ルールを作成します。

一人で運用を担当する場合でも、投稿の頻度、時間などの作業内容を明確にすることで、投稿内容やリアクションの運用方針を統一できます。

チームで運営している場合、担当者の異動、退職などが考えられます。アカウントの運営をスムーズに引き継げるように、明確な運営方針や社内運用マニュアルを作成しておきましょう。

投稿内容のテーマを決める

フォロワーや、ターゲットとなるユーザーの興味関心に焦点をあてて、コンテンツを作成することは、成功要因のひとつです。情報発信の方向性や全体のテーマを決めてコンテンツの内容を考えます。

テーマ設定をしていないと、統一感のない投稿内容となってしまって、クオリティが低下する可能性もあります。

ユーザーに伝わりづらくなると「いいね」「リツイート」などの反応が低下して、アカウント自体のブランドイメージにも影響をあたえます。

具体的なテーマ設定を考えるためには、ジャンルの選定、検索キーワードなどを調査することで、ユーザー属性を特定するきっかけになります。

ニーズのあるキーワード、読まれやすい文章と写真イメージ、リアクションの多い時間帯など、データとして蓄積することは、テーマ設定を考える上での重要なポイントです。

自社の強みや、商品·サービスの良さを伝えるために、ユーザーが求めている情報を理解することは大切です。

投稿のタイミングを統一する

ユーザーに読まれやすいタイミングで投稿することは、投稿内容自体の認知度や、拡散効果にも影響します。

たとえ、クオリティの高いコンテンツを作成したとしても、ユーザーの目にふれなければタイムラインから流れてしまうので、目的のユーザーにアプローチできません。

まずは、ターゲットに設定するペルソナの行動パターンを考えます。

たとえば、20代前半の会社員で通勤時間が1時間ほどかかる場合、朝6時から通勤の間にスマートフォンで、ニュースやSNS1時間ほどの間、情報収集することも考えられます。

さらに、20時から22時までの自宅でプライベートな時間を過ごす割合を考えると、Twitterアカウントがアクティブになっていることも想定できます。

このように、ペルソナを詳細に設定することで、投稿するコンテンツの内容と投稿のタイミングを見極める上で、参考になります。

明確なテーマを設定したうえで、目的のユーザーに情報が届けられるように、マーケティングのプランを作成しましょう。

まとめ

 

企業のアカウントを開設する際は、自社独自のブランドイメージをユーザーに認識してもらう必要があります。

目的や具体的な計画を立てず、投稿を続けるだけでは、興味や共感を得られず成果を上げることはできません。

まずは、Twitterの特長を理解した上で、具体的なマーケティング戦略を立てることが大切です。

アカウントの個性や特長をフォロワーに認知してもらったうえで、投稿プランやエンゲージメントを高めるための戦略を立てることがポイントです。

世の中のトレンドなどでフォロワーのニーズも日々変わる可能性があります。最適な情報発信がもとめられます。

また、短期的な売り上げ効果をもとめず、

企業全体のブランドイメージを育てながらユーザーとの信頼関係を構築して、コアなファンとつながるような視点で、すすめることがポイントです。

Twitterの特長である拡散効果を活かすことで、SNS上の認知力向上のみではなく、ホームページや独自のコンテンツなどのオウンドメディアへの流入効果も期待できます。

 

コンタクトフォーム_デジマ

    ご相談内容

    ご希望のご相談方法 ※関東首都圏以外の場合は、オンラインとさせて頂きます。

    jsfade

    K.K.kurokawa&co.ロゴ

    SNS
    株式会社kurokawa&co.をフォローする
    //
    K.K.kurokawa&co. テジタルマーケティング/DXコンサルティング