webマーケティングとは?基礎知識を徹底解説

a business man standing in front of a graphic wallMarketing / Digitalmarketing
Marketing / Digitalmarketing

インターネット全盛の昨今、すでにwebマーケティングは一般的な概念になっています。
しかしwebマーケティングにはまだ20年程度の歴史しかありません。一方この20年間でweb環境は絶え間なく変化を続けています。
そのためwebマーケティングの世界では、1年前の知識がすでに古びていることも十分ありえます。ここではwebマーケティングの基礎知識と、おおよその歴史を解説します。
これを覚えておくことで、変化が激しいwebマーケティングの世界に対応できる基本を把握できます。

webマーケティングとは?

webマーケティング

webマーケティングとはその名の如く、インターネットを介したマーケティングのことです。具体的にはwebサイト、webサービスなどを通して行うものです。
その本質は、webを介さない一般的なマーケティングと変わりありません。特別な販売活動(宣伝や売り込みなど)を行わずとも、
商品が売れるシステムを完成させるのがマーケティングの理想であり本質といえます。
そして一般のマーケティングと異なるwebマーケティングの特徴は、
閲覧されたページと商品が購入された個数や時間、購入者の性別や年齢層、また売れ行きの変動など、すべて数値で判断できる点です。

顧客が誰であり、どのサイトから来て、どのページを確認したか。何秒、何回見て購入したかなどを把握することで、
より集客力が高く、購買を促進させるサイトを構築することが、webマーケティングの基本といえます。

webマーケティングの歴史

PCの進化の歴史

日本でインターネットが普及し始めたのは、1994年から1999年にかけてです。90年代後半にかけて、ビジネスの連絡などにインターネットを利用し、ネットで商品をPRし、販売するシステムをできました。
しかしこの頃はまだテレビや雑誌などの既存メディアの影響力が強く、商品情報を掲載したwebサイトを雑誌などで紹介するという手法が主に用いられました。

2000年に入って、Amazon、楽天といったネット通販の利用が多くなり、またブログの流行で、個人が気軽にwebサイトを持てるようになりました。
Googleが利用されるようになり。SEOという考え方も注目されはじめました。
2005年から2009年に駆けて、Mixi、Twitter、FacebookなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が流行します。
個人からの情報発信の他、同じ嗜好を持つ者同士がネット上でつながりやすくなりました。この時期に、企業もwebマーケティングに予算をつけて促進する流れが加速します。

そして2010年以降、スマートフォンの普及により、個人がいつでもどこでもネットにアクセスできるようになります。
webマーケティングも、この劇的な変化に対応し、SNSのビジネスへの利用、どのような画面でも表示できるレスボンシブデザインなどの工夫を凝らすなど、より手法が細分化し、綿密になっています。

webマーケティングの集客施策

webマーケティングの効果

上の集客施策として第一に挙げられるのが、SEO(検索エンジン最適化)です。
これは顧客が検索エンジンで商品に関するキーワードを検索したとき、検索順上位に表示されるための工夫です。
上位に表示される基準は公開されていないため、検索されやすい単語を挿入するなど数々な工夫がなされています。

リスティング広告は、検索エンジンで特定のキーワードを検索した場合、上位に表示される「広告」です。これはキーワードごとにオークション形式で入札されます。
アフィリエイト広告は、アクセス数の多いサイトやブログにweb広告を出稿し、アクセス数や購入実績などの成果に応じて出向先サイトに報酬を支払う広告です。
アドネットワーク広告は、広告配信ネットワークに出稿することで、一度に多数のwebサイトへと広告を配信できるものです。反面、出稿先を選べない難もあります。
SNS広告はTwitterやFacebookなどのSNSに広告を表示する他、企業の公式アカウントで直接ユーザーと交流する手法もあります。
ユーザーが自社サイトにアクセスしたとき、ブラウザに残るクッキーを利用して広告を発信するのがリターゲティング広告で
一度購入した顧客などのメールアドレスに、購入実績に対応したメールを送信するのがメールマーケティングです。

WEBマーケティングの回遊施策

マーケティングの回遊施策

マーケティングでもうひとつ重要な基本が、自社サイトをしっかり閲覧してもらうための回遊施策です。
ユーザーが広告などから自社サイトにアクセスし、最初に表示されるページをランディングページといいます。しかしユーザーがこのページを見て目的が果たせそうにないと思うと、すぐページを離れてしまいます。
それを避けるため、ページに工夫を凝らすのがLPO(ランディングページ最適化)です。
EFO(入力フォーム最適化)は、商品購入時などの入力フォームに住所自動入力などの工夫を凝らすことです。
ネットでの商品購入は、入力フォームでの離脱が多いという特徴があるため、それを避けるための施策です。
「マーケティングオートメーションで効率化を」も参考にしながら、施策と分析を継続していくのが効果的になります。

まとめ

webマーケティングは日進月歩の世界です。明日、ネットライフを新たなツールが開発され、ネットの利用環境は激変して、これまでのwebマーケティングが通用しなくなることも十分あります。
しかし、これまでのwebマーケティングの歴史と基本を把握しておくことで、今後、予測できる変化に対応し、より効果的な新たなるwebマーケティングの手法を見出すことも可能になります。

記事をシェアする
株式会社kurokawa&co.をフォローする
テジタルマーケティング/DXコンサルティング | K.K.kurokawa&co.