Twitter広告をビジネスに活用するには

AD

Facebookやinstagram、LINEなど様々なソーシャルネットワークサービスがある中でも、Twitterはその手軽さと新鮮な情報交換が可能なことが魅力となって多くの人に利用されています。
その拡散力の大きさから広告の手段としてビジネスで活用されるケースも多くなってきています。

ではビジネスという視点で見た時にTwitterにはどのようなメリットがあるのでしょうか?上手く活用するためのヒントについてもお伝えしていきます。

 

Twitter広告をビジネスに活用するメリット

Twitter広告をビジネスに活用することのメリットとして挙げることが出来るのは、まずは情報のリアルタイム性です。
Twitterではリアルタイムで情報がどんどん更新されていきますので、鮮度のある情報を発信することが出来ますしユーザーの反応も即座に得ることが出来ます。
届けたい情報を届けたい時に届けることが出来るというのは、広告活動においてとても重要なことです。

またもう一つのメリットは自社をフォローしてくれている人以外の不特定多数の人にまで情報が広く拡散されていくという点です。
投稿した広告はフォローをしているユーザー以外の人にも表示されますし、なによりTwitterにはリツイート機能というものがあります。

リツイート機能とは投稿を見たユーザーが他の人にその投稿をボタン一つ押すだけで広めることが出来る機能です。
これは他のソーシャルネットワークサービスにはないTwitterの大きな特徴となっているものです。
リツイートされた内容がまたそれを見た誰かによってリツイートされることでどんどん情報を拡散させていくことが出来るのです。
広告は広く知ってもらうということが何より大切ですので、この拡散機能というのはとても効果的であると言えます。
さらにこの2次拡散については費用が発生しませんので、広告費を抑えることにも繋がります。

Twitter広告の3つの種類

スマホのtwitter画面

Twitter広告というのは、表示される場所によって3つの種類に分けられています。

一つ目はタイムラインの右上にあるおすすめのユーザー欄に表示されるプロモアカウントです。
Twitterアカウントを知ってもらうということと、フォロワーの数を増やすことを主な目的とした広告です。

二つ目はプロモツイートと呼ばれるものでTwitter広告の主なものとなっています。
ツイートを広告として配信され、タイムラインだけではなく検索結果や特定アカウントのプロフィール、公式クライアントの部分に表示されます。
プロモーションというラベルはついていますが、他のツイートと同じようにリツイートや返信をすることができ、いいねを付けることも可能です。
タイムラインはユーザーが主にみるものですので、より認知度を上げることができます。

三つ目はプロモトレンドで、タイムラインの右側にあるトレンドの一番上に表示される広告です。
非常に目に付く頻度の高い場所に表示することができるのはメリットとなります。このように広告を表示する目的によって、表示するべき場所は変わってきますので
どの種類の広告を出せば自社の求める効果を得ることができるかということをしっかりと見極めて種類を選択する必要があります。

目的をきちんと考えておく

tweetボタン

ビジネスでTwitter広告を上手く活用するために必要なことは、どのような目的で広告をだすのかということをきちんと考えておくということです。
上でも述べたように目的によって表示するべき場所は違いますし、広告の内容やビジュアルも変わってきます。
せっかく広告を出したとしても、それが自社の求める効果を生むための方法となっていなければ意味がなくなってしまいます。
Twitter広告を出す主な目的として考えることができるのは、情報発信、販売促進、コミュニケーションの3つです。

Twitterは非常に拡散性が高いサービスですので幅広い層の不特定多数のユーザーに向けて情報を発信することができます。
手間や費用を大きくかけることなく情報を広く発信していくことができるので情報を拡散させるための非常に有効な方法です。

キャンペーンやセールの情報などを伝えたいという販売促進効果を目的として利用することも出来ます。
Twitterは情報をリアルタイムで伝えることができますので、短時間のキャンペーンなどでもサイトやお店に誘導することができます。

さらにフォローしてくれているユーザーとコミュニケーションを取るということを目的とすることもあります。
こまめにコミュニケーションを取ることによってユーザーをファン化することができます。

主に考えられるのはこの3つの目的ですが、同じ広告をだすにも会社によって何を目的とするのかということは違っています。
より効果的に広告を活用するためには、目的に合った方法をとっていくことが重要です。

まとめ

ユーザー数が非常に多く、リアルタイムで情報が行き交い、拡散していくTwitterに広告を出すということはビジネスを成功に導くための大きな助けとなります。
鮮度の高い情報を発信することができたり、フォロワー以外の不特定多数の人に情報を伝えることができることが大きな魅力となっています。

しかしただ広告を出せば良いというものではもちろんなく、きちんと目的を持ってその目的を果たすために必要な広告を出す必要があります。
運用を始める前にはどんな目的でTwitterに広告を出すのか、どのような効果を期待するのかということをしっかりと分析してから利用するようにしましょう。

コンタクトフォーム_AD

    ご相談内容

    ご希望のご相談方法 ※関東首都圏以外の場合は、オンラインとさせて頂きます。

    jsfade

    K.K.kurokawa&co.ロゴ

    AD
    株式会社kurokawa&co.をフォローする
    //
    K.K.kurokawa&co. テジタルマーケティング/DXコンサルティング