コンテンツSEOは普通のSEO対策と違うの?

two men sitting on office chair and looking at each otherSEO
SEO

Webサイトを通じてビジネスを行っている方はSEO対策という言葉をよく耳にする、あるいはすでに行っている場合もあることと思います。
SEO対策とはSearch Engine Optimizationの略です。
Web検索において検索結果の上位にWebサイトを表示させることによって、多くのユーザーの目に止まり集客のアップにつながります。
近年検索エンジンの精度が上がり、クオリティの高いWebサイトが上位に上がる仕組みが作られてから、コンテンツSEOの重要性も高まっています。
このサイトでは、このコンテンツSEO対策の目的や実際の方法をご紹介していきます。

 

何のためにコンテンツSEOを行うのか

今までのSEO対策では、実際のWebサイトの充実度よりも、不必要なキーワードの追加や隠しリンクなどによって検索上位を目指す、
いわば表面的な対策と言えるものでした。
しかし検索エンジンの精度は日々向上しており、ユーザーにとってより安全で有益な内容のWebサイトが上位に上がるような仕組みが更新されるようになってきたため、
それに応じて企業側もユーザーに対して役に立つ、クオリティの高いコンテンツを提供することが求められるようになりました。

コンテンツの充実を図ることによって検索上位に上がるだけでなく、ユーザーにとって魅力的なWebサイトとなるため集客にも繋がるという、
両者にとって一石二鳥の利益をもたらすコンテンツSEO対策を有効的に取り入れていきましょう。

コンテンツSEO対策を行うメリット

青いシャツの人がパソコンのキーワードを触っている

コンテンツSEO対策を行うメリットとしてまず言えるのは、コストを抑えながら効果を出せるところです。
リスティング広告などの利用は即効性がある集客方法の1つではありますが、コストが高いのがデメリットです。

コンテンツSEOは、クオリティの高いコンテンツを更新することによって集客が可能なので、更にそれを継続していくことで安定的な集客を見込むことが可能です。
また、リスティング広告は一定期間が過ぎると新鮮度が一気に下がり集客が落ち込んでしまうケースも多くありますが、
それに対してコンテンツSEOの場合はそのコンテンツが存在している以上、閲覧ユーザー数を地道に伸ばしていけるというメリットがあります。

既存のコンテンツに加え、ユーザーを飽きさせないような魅力あるコンテンツの継続的な発信を行うことによって、既存ユーザーの維持と新規ユーザーの獲得を同時に行っていけるというのも魅力です。

コンテンツSEOの対策方法

スケッチブックの真ん中に水色でCONTENT MARKETINGと書かれている

実際に対策を行う場合の方法としては、まずはターゲットとするユーザーの視点をしっかり分析することです。
誰に対して商品やサービスを提供していきたいのか、また、商品やサービスを求めている人はどのような人なのかといった両方の視点からの分析を徹底的に行い、それに応じたコンテンツの作成が大切です。

この際に、ターゲットとする顧客層の大枠を分析するだけでなく、ペルソナと呼ばれる、企業にとって理想とする1人の顧客像を設定することによって具体的なニーズや悩みをイメージすることができます。
企業の商品やサービスに応じて複数名のペルソナ設定を行うことも効果的です。

ターゲット、もしくはペルソナのニーズや悩みをピックアップすることができたら、その後需要があると思われるキーワードの抽出を行います。
提供する商品やサービスとユーザーのニーズがキーワードにマッチしているか、そしてそのキーワードによって検索エンジンの上位表示が可能かを調べていきます。

そして有効的なキーワードを元に、ブログなどのコンテンツを作成していきましょう。内容の充実はもちろんのこと、ある程度の文字数も必要だと言われています。
特に決まった文字数があるということはありませんが、文章の量に応じて使用されるキーワードの数も必然的に多くなるため効果的であると言えますが、長ければ長い方が良いという考え方も危険です。
同じような内容を繰り返すだけのような長過ぎる文章は内容が薄くなってしまいますし、ボリュームがありすぎることによって逆にユーザーの興味が薄れてしまう場合もあります。
競合他社が提供するコンテンツをチェックし、その企業が提供するコンテンツの分量感やキーワードなどを参考にするのもおすすめです。

また、Googleはより利用者にとって最適なコンテンツを提供するため、定期的にアルゴリズムのアップデートを行っています。
昔は定番とされていた対策も、現時点で相応しい対策とは限りません。
常に最新の情報を入手しながら、対応していきましょう。
昔の定番もいまやNG!?やってはいけないSEO対策

さらに、SEO対策を行う上で基本的な用語も抑えておきましょう。
いまさら聞けないSEOに関する用語集

まとめ

今やコンテンツSEO対策はWebを利用した集客アップのためには欠かせない取り組みとなっています。
ターゲットとなる顧客像をしっかりと捉えるためにも、ヒアリングや自社内での情報共有、競合他社における顧客の動向など、市場調査を行うことによって絞り込みを行い、
それに適したキーワード選定、コンテンツ作成を行うことが大切です。

また、顧客視点と合わせて、検索エンジン側からも評価されるようなコンテンツのポイントを押さえて、魅力あるWebサイトを展開していきましょう。

記事をシェアする
株式会社kurokawa&co.をフォローする
テジタルマーケティング/DXコンサルティング | K.K.kurokawa&co.