SEOを意識したタイトルの文字数とは?

SEO

自信がある記事を執筆したのに、アクセス数が思ったように増えないという経験をしたことがある人は多いでしょう。その原因は、タイトルにあるかもしれません。タイトルで、読者はどの記事を読むべきかを決めています。

つまり、タイトルさえよければ、アクセス数が大幅に増える可能性があるのです。この記事では、SEOを意識したタイトルの文字数や魅力的なタイトルの付け方について解説をしていきます。ぜひ参考にしてください。

SEOに適したタイトルタグの重要性

SEOには、以下の通り様々な観点があります。

SEOに関する用語集

コンテンツSEOは普通のSEO対策と違うの?

SEOで必要な内部対策とは

その中でも、SEOに適したタイトルタグを作成することが、どのように重要なのかについて確認をしていきましょう。

タイトルからクリックされるかどうか決まる

記事のタイトルは例えるなら人間の顔のようなものです。相手に与える印象が1番大きい部分になるので、タイトル次第でアクセス数が決まると言っても過言ではありません。そのため、タイトルにはユニークでついつい読みたくなるようなものを付けなくてはいけないのです。

タイトルだけで記事の内容が判断できる

その記事に何が書かれているのか、どういった立場で書いているのかなどを判断するのに、タイトルは利用されます。読者の立場になってみれば、タイトルで記事の内容が判断できないと読んでも得られる情報が少ない可能性があるので、読む気になりません。

SEOタイトルの最適な文字数は?

続いて、SEOタイトルにおいて最適な文字数について確認していきましょう。SEOタイトルは魅力的な文言にすることも重要なのですが、インターネットには検索表示ができる限界の文字数が存在します。

それを理解せずに、長すぎるタイトルを付けてしまっても意味がないので、SEOタイトルとして最適な文字数について理解しておきましょう。

PCに最適な文字数

すべてのサイトで28文字までというわけではありませんが、平均的にタイトルとして表示されるのは「3035文字」程度なので、その範囲内もしくは一般的にSEOに適した文字数である32文字以内で執筆を行いましょう。これ以上長くしてしまうと、タイトルを表示しきれなくなりますし、短すぎると情報が不足してしまうことが考えられるので注意が必要です。

モバイルに最適な文字数

モバイル実機での検索画面でも同じ結果となり、28文字まで表示されます。

その結果を踏まえて、「32文字以内」が適切でしょう。

 つまり、PCとモバイルの両方に適したSEOタイトルにするためには、タイトルの文字数を2832文字以内にするのがおすすめです。そのうえで、ユーザーがついクリックしたくなるような魅力的なSEOタイトル設定を行いましょう。

SEOを意識したタイトルの付け方

続いて、SEOを意識したタイトルの付け方について確認をしていきましょう。どのようにすれば、魅力的でついついクリックしたくなるようなタイトルになるかについて解説をしていきます。

キーワードを設定する

まずは、SEOキーワードを設定します。この記事であれば、「記事のタイトルの付け方に悩んでいる人」がアクセスすると予想されるので、SEOキーワードは「SEOタイトル 文字数」と設定しておきます。

そして、そのキーワードをSEOタイトルに盛り込みます。もちろん、意味が通らない文章になっては意味がありません。SEOキーワードを使いながら、意味が通るタイトルの作成を行います。

具体的でわかりやすいSEOタイトルにする

タイトルは意味が通るだけでは不十分です。具体的かつわかりやすくなくてはいけません。例えば、この記事のタイトルである「SEOを意識したタイトルの文字数とは?」だと、何について書かれているかが明確になっています。

何が書いてあるのか、どんな人に向けて書いているのかを明確にしましょう。

SEO的観点から定形文はNG!

同じWebサイトに記事を複数掲載する場合、それぞれに固有のタイトルをつけることを意識しましょう。SEOを意識するとどうしても似たようなタイトルになりがちですが、タイトルを雑に付けていると思われると読む気がなくなります。

記事タイトルはわかりやすく、固有のものにしましょう。

重要なことは前半に!

キーワードに固有名詞が含まれていたりすると、既定の文字数内におさめることが難しい可能性があります。そんなときは、記事において伝えたいことをタイトルの前半に記載しましょう。

一般的な文章だと、重要なことは文末に持っていきがちですが、タイトルの場合だと省略されてしまう可能性があります。それだと意味がないので、伝えたいことは前半に持ってくるようにしましょう。

SEOを意識したタイトルに変更したい場合の注意点

一度決めたタイトルを変更したいときもあるでしょう。タイトル変更によって、よりアクセスを見込めるのであれば効果的なのですが、注意点もいくつかあるので覚えておきましょう。

検索順位が下がることもある

自分ではより多くのアクセス数を見込めると考えていても、検索順位は下がってしまう可能性があります。タイトルを変更するのが、逆効果になる可能性もあるので覚えておきましょう。

上位表示されているならば変更するべきでない

現在でも検索上位に表示されているのであれば、無理により多くのアクセス数を望んでタイトル変更をするのは避けましょう。順位が下がってしまうデメリットの方が大きいです。

 タイトル変更には常にリスクが付き纏うということを覚えておきましょう。

検索結果と設定したタイトルが違う原因

最後に検索結果と設定したタイトルが違う原因について確認していきましょう。せっかくタイトルを設定したのに、検索表示では別のタイトルが表示されているケースは少なくありません。その原因について確認をしていきます。

タイトルが長すぎる

先ほども説明しましたが、タイトルがあまりにも長すぎると既定の文字数しか表示されなくなります。それだけならまだいいのですが、場合によってはタイトルが書き換えられてしまう可能性があるのです。

そういった事態を避けるためにも、タイトルはなるべく32文字以内におさめるようにしましょう。

内容とタイトルが違う

タイトルと内容にあまりにも差がある場合は、タイトルが変更される可能性があります。当たり前ですが、タイトルと内容は同じものにしましょう。

キーワードの使い方

SEO対策用のキーワードがあまりにも不自然に使われているとタイトルが書き換えられてしまう可能性があります。SEO対策用のキーワードは多ければいいということでもありません。有効に使用できているかを確認しましょう。

まとめ

SEO対策として効果的な記事のタイトルをつけるには、時間がかかるかもしれません。しかし、いくら本文に力を入れたとしても、タイトルで読者が離れていってしまっては意味がないので、じっくりと考えて適切なタイトルを設定しましょう。

文字数に関して、既定の文字数内におさめるのが難しいと感じたら、キーワードの見直しを行いましょう。あまりにも多くのキーワードを設定しすぎると、タイトルの文字数が膨大になってしまいます。

有効に使用できる範囲内で、キーワードの設定を行いましょう。